webmart8

バッテリーを扱う上での注意点

スマートフォンやデジタルカメラなどの電子機器は、リチウムイオンバッテリーという電池が内蔵されているので、コンセントにコードを刺さなくても電池に充電した電力だけで動かすことができます。リチウムイオンバッテリーは高機能なバッテリーですが、間違った使い方をすると思わぬ事故を起こしてしまいます。

 

ここでは、デジタルカメラの純正バッテリーや互換バッテリーを取り扱う上での注意点をいくつか紹介します。

 

・衝撃を与えない

バッテリーを地面に落としたり、固いものにぶつけたり、押し潰したりすると、バッテリーの内部がショートし、オーバーヒートする危険性があります。
カメラにバッテリーを入れた状態で衝撃を与えた場合も、バッテリーまでダメージを受けてしまうので、バッテリーとデジタルカメラを持ち運ぶ時は落としたりぶつけたりしないように注意しましょう。
旅先に互換バッテリーを持っていく場合、衝撃から守るために丈夫なケースに入れて保管することをおすすめします。

 

・カメラに入れたまま保管しない

デジタルカメラは、旅行や行事などの特別な日にしか使用しないので、数ヶ月間しまったままという方が多いかと思われます。
何ヶ月もその状態が続くと、バッテリーが劣化する恐れがありますので、長期間カメラを使用されない場合は、バッテリーを外し、半分程度充電してから保管するようにしましょう。空のまま長期間保管されますと、過放電になる可能性があります。一度過放電状態になると充電できなくなる場合がございます。ご注意ください。

 

・熱を持っている間は触らない

バッテリーを充電している時や、長時間デジタルカメラを使っている時は、バッテリーが熱を持ちます。素手で触れられる程度の熱さでも、長時間持っていると低温やけどする恐れがあるので、必要以上にバッテリーに触れないようにしましょう。
手で触れられないほどに熱くなる場合は、初期不良が考えられます。使用を止めてご連絡ください。新品交換させていただきます。

 

デジタルカメラの純正バッテリーや互換バッテリーを使用される際は、これらの注意点に気をつけながら使用しましょう。弊社では、様々なメーカーの互換バッテリーを販売しています。
子供の運動会や旅行では、デジタルカメラを長時間使用するので、互換バッテリーは欠かせません。互換バッテリーをお持ちでない方は、是非弊社で互換バッテリーをご購入ください。