webmart8

カメラのお手入れ方法

カメラお手入れ方法

日本では、高画質で撮影できるカメラや、手ぶれ防止機能が付いたカメラなど、高性能なビデオカメラが数多く販売されています。性能の良いビデオカメラが手頃な値段で手に入るので、ビデオカメラをお持ちの方も増えてきました。
しかし、ビデオカメラやデジタルカメラなどを長く使い続けるためには、定期的なお手入れが必要です。
そこで、カメラのお手入れ方法を紹介します。

 

・本体の手入れ

ビデオカメラやデジタルカメラの本体のお手入れをする時は、バッテリーや電源プラグなどの付属品を全て外してください。本体のお手入れには、カメラ屋さんなどで販売しているカメラ用のクリーニングクロスを使用します。
クリーニングクロスとは、繊維が細くて柔らかい素材の布です。
似たような素材の布があれば、それで代用することも可能です。
クリーニングクロスで、本体に付いている油汚れやホコリなどを拭きます。
カメラを手に持った時に手に触れる部分は、一番汚れやすい部分なので入念に拭きましょう。全体を拭き終わったら、クロスでは拭き取れなかった細かい部分の掃除をします。
覗き穴の部分や細い隙間は、綿棒や爪楊枝を使って汚れを落とします。
細かい部分まで全て綺麗になったら、本体のお手入れは完了です。

 

・レンズのお手入れ

カメラにとってレンズは最も重要な部分であり、最も繊細な部分です。
外でカメラを使用しているとレンズにホコリがついてしまうことがありますが、絶対にホコリを手で落としたり、息を吹きかけて落としたりしないでください。
指がレンズに触れると指の油でレンズが汚れ、息を吹きかけるとレンズに唾がついてしまいます。レンズのホコリを落とす時は、ブロアーという空気を出す道具を使います。
ブロアーでホコリを落とした後は、レンズクリーニング用のティッシュにレンズクリーニング液を少し垂らし、レンズを拭きます。
中央から拭き始めて円を描くように拭くと綺麗に拭けます。

 

以上が、ビデオカメラとデジタルカメラのお手入れ方法です。
たまにしか使用しないカメラでも、この方法で定期的にお手入れしてください。
カメラのお手入れをする時は、バッテリーや充電器などの付属品も一緒に掃除しましょう。
どの電子機器も使用していくうちに汚れてしまうので、きちんと手入れをして清潔な状態を維持しましょう。